September 2017  |  01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30

革婚式?

「真心工房 革ノ花宗(カワノハナムネ)」は
福岡県久留米市にあるハンドメイド革工房です。
***************************************

革婚式ってご存知ですか?見る
こんにちは、じゃりです。

銀婚式、金婚式は知っていますが、
革婚式なるものは初めて聞きました!聞き耳を立てる

先日工房にみえられたお客様が
「結婚3年目なので革製品を贈ろうと思い、プレゼントを探しに来ました!」とのこと。

一年目:紙婚式チャペル
二年目:綿婚式チャペルチャペル
三年目:革婚式チャペルチャペルチャペル





15年目までは毎年結婚記念日に名前がついているみたいですチャペル

結婚三年目をお祝いしたい方、オリジナルの革製品をお探しの方、
当工房にて他にはない素敵なプレゼントが見つかるかもしれませんよプレゼントカバンぴかぴか


■工房からのお知らせ■
作業に集中する為、
一旦、10月からオーダー受付をストップさせていただきます。
再開時期は公式サイトかこちらのブログにてお知らせします。
ご迷惑をおかけしますが、宜しくお願い致します。


⇔1日1クリックの応援、よろしくお願いします!!
人気ブログランキング






革ノ花宗facebookページでギャラリー公開中。

FBをお使いの方はリンク先でいいね!を押して
色んなオーダー革製品を堪能してください



オンラインストア
pelle(ペレ)

只今、フルオーダーが半年〜1年待ちですので、
急なプレゼントなどの方は pelleにてすぐに購入できます。


革ノ花宗公式サイト

電話 / FAX:0942-55-9363
携帯:090-8915-8650
OPEN  12:00
CLOSE  18:00
定休日  日曜・祝日

 
JUGEMテーマ:アート・デザイン

ピカピカのツヤツヤ

「真心工房 革ノ花宗(カワノハナムネ)」は
福岡県久留米市にあるハンドメイド革工房です。
***************************************

こんにちは、じゃりです。



2010.2月納品のお財布が、、、


2013.9月現在!!!




Iさまご愛用約3年半、これがヌメ革の成長です。
メンテナンスに工房へ持って来られました。
約3年半ぶりに対面出来たことに感動!!
大切に使って頂き、感謝です!!



■工房からのお知らせ■
作業に集中する為、
一旦、10月からオーダー受付をストップさせていただきます。
再開時期は公式サイトかこちらのブログにてお知らせします。
ご迷惑をおかけしますが、宜しくお願い致します。

※オーダー受付は一時ストップしていますが工房は開けております。
お急ぎのプレゼントなどお買い物は可能です。


⇔1日1クリックの応援、よろしくお願いします!!
人気ブログランキング






革ノ花宗facebookページでギャラリー公開中。

FBをお使いの方はリンク先でいいね!を押して
色んなオーダー革製品を堪能してください



オンラインストア
pelle(ペレ)

只今、フルオーダーが半年〜1年待ちですので、
急なプレゼントなどの方は pelleにてすぐに購入できます。


革ノ花宗公式サイト

電話 / FAX:0942-55-9363
携帯:090-8915-8650
OPEN  12:00
CLOSE  18:00
定休日  日曜・祝日

 
JUGEMテーマ:アート・デザイン

HOW TO 本仕立て−その3

真心工房 革ノ花宗(カワノハナムネ)」は
福岡県久留米市にあるハンドメイド革工房です。
*************************************


「夢は逃げない、逃げるのはいつも自分だ」

              ― 後世に残したい名言より ―


。。。くじけそうな時はこの言葉を思い出します。



こんにちは。じゃりです。

昨日は日本各地で猛暑日になり、日本の3分の1が35度以上だったそうです!
今日もそんな感じの暑さでしょう。。。

みなさま、体調管理に気をつけてくださいね。




さて、随分とご無沙汰してしまい申し訳ございません!!
最近はお蔭様で 毎日毎日色んな御用のお客様にご来店いただき、
納品や打合せ、製作に追われ、PCを立ち上げる余裕がありませんでした。

おかげさまで、ご紹介出来るオーダー品が多数待ち構えております。



しばらく記事をサボっておりましたので

倍返しだ!!!(今、唯一見ている番組、半沢直樹ーーー!!!)

ということでジャンジャン紹介していきたいと思います。



しかししかし、まずは
先日からの HOW TO 本仕立て の続き。
(一般的にはヘリ返しと言うことが多い)
レザークラフトに興味のある方に少しでも参考になれば幸いです。

1、2の記事がまだな方はこちらからどうぞ。
HOW TO 本仕立て1
HOW TO 本仕立て2


。。。つづき は、
革漉き機で漉いた革の組み立てからでした。

漉きが必要な部分を斜め漉きや全漉きしたところ。

斜め漉きは、折り返した部分の重なり部分の厚みを
あらかじめ計算して薄くしておくことで出来上がりが綺麗になります。



全漉きは、例えば財布のポケットなどのように何枚も革が重なる部分は
本体パーツと同じ厚さの革を使えばものすごく分厚くなってしまいます。
そんな時は、パーツの全面を適当な厚みに漉きます。これが全漉きです。


本体用の革は2.0ミリ厚、ポケット用の革は0.8ミリ厚のように
複数の厚みの革を常備している方もいますが、
当工房では、同じ一枚の革からひとつの物を作るようにしています。
パーツ毎に緻密な漉き加工をして出来上がりの厚みを大切にしています。

革は生きものですので個体差があります。
だから、同じ革を仕入れても
一枚一枚表情が違いますし、張り感や使っていくうちに現れる艶感、
ヌメ革であれば飴色になる速度などが若干違ってきます。

それが分かっているので、一枚の革からひとつの商品の全パーツが取れない場合、
別の新しい革を使います。ロスは多いですが、これはわたしのこだわりです。



長くなりそうですがもう少し続けます!

注意点ですが、
表革で芯材や裏革を包み込むように仕立てるので、
ヌメ革を使った作品の時のように出来上がり寸法で裁断するのではなく
必ず、各辺プラス10ミリ程度は大きく裁断しておかないと痛い目合います。。。


そしてコチラが芯材。

種類は沢山ありますが、
上から 
スライサー / ダブラー / テキソン / バイリーン
まあ、どれも張りをもたせる為やふっくらさせたい時、伸び止め等に使いますが
芯材は作り手の好みですので一概にココにはコレ!という決まりはありません。

使う革を予備で少し準備して、それに色んな芯材を張ってみて
厚みを見たり、張り具合を確認したり、引っ張ったりして決めていくので
その使う革にもよります。


そういえば!革漉きをする場合にも、必ず!使う革で試し漉きをするので
型紙をおこして、パーツを切り出したら、予備分が必要です。
革を購入する場合は、もしもパーツで失敗した場合を含め、
1つ作るのであれば 1、5倍程度の面積の革を準備することをオススメします。



そして適当な芯材を選んで貼ったら、その上に裏革を貼ります。
芯材を使う場合は、必ずそれを隠さないといけないので
裏革を貼ったり、バッグでは内袋を落とさないといけません。

裏革を貼ったら、芯材と裏革の厚みを考慮して包み込む部分の革幅をカットします。
当工房では平均7ミリをその幅としています(企業秘密が〜漏れた〜(汗))

通称いち切り棒(へり定規)という便利な道具がありまして、
いくつかのミリ幅で売られています。



そうしてやっと仕上げの巻きあげ作業をして、縫いで、完成です。

しかし!ここでレザークラフトにおいて
もっとも重要かつ欠かせない職人技と言われ雑誌やテレビ、ノウハウ本でも
高度な技術と言われる作業。。。菊寄せが出てきます。


カーブ部分の革をよせる技法です。
とにかく革漉きをしっかりやること!!これにつきますね。


技法は動画でも撮らないと言葉では難しいですが、

でも動画を撮る余裕はしばらく無いような気がします。。。
ご了承くださいませ。
で、最後にグルッと縫えば世界にただひとつの革製品の完成です!!


そんな苦労とは露知らず、
わたくしも仕立て方法など革職人以前は気にも留めない部分でした。

この記事を読んでいただき、少しでも物を大切に使おうとか
その職人気質に触れたいとか、ものづくりをしてみたいとか
何か感じていただけたら幸いです。


長〜くなっちゃいましたが、お付き合いありがとうございました。
また、何かの折にこういった記事も書けたらと思います。

次回からは、オーダー品のご紹介です。お楽しみにー。



⇔1日1クリックの応援、よろしくお願いします!!
人気ブログランキング






革ノ花宗facebookページでギャラリー公開中。

FBをお使いの方はリンク先でいいね!を押して
色んなオーダー革製品を堪能してください



オンラインストア
pelle(ペレ)

只今、フルオーダーが半年〜1年待ちですので、
急なプレゼントなどの方は pelleにてすぐに購入できます。


革ノ花宗公式サイト

電話 / FAX:0942-55-9363
携帯:090-8915-8650
OPEN  12:00
CLOSE  18:00
定休日  日曜・祝日
オーダー受付 火曜と土曜のみ(要予約)


JUGEMテーマ:アート・デザイン

HOW TO 本仕立て−その2

真心工房 革ノ花宗(カワノハナムネ)」は
福岡県久留米市にあるハンドメイド革工房です。
*************************************

今日から8月ですね。夏休みがうらやましい〜
こんばんは。じゃりです。


先日の本仕立ての続き。
レザークラフトに興味のある方に少しでも参考になれば幸いです。


左(ピンク色)がミシンによる本仕立て。
右(茶色)がいつもの手縫い仕立て。


本仕立てで重要なのが革漉きです。
こちらが革漉き機。
テーブル付きモーター付きのマシンで、レザークラフトを本格的にされる方には必須の機材です。
どうやって使うかというと、、、

言葉では難しいですね。
要は厚い革を必要な厚さに薄く加工する機材です。


ということで、革漉き機の動画!




普通に撮っても面白くないので、編集してみました。
使ったのは「Vintagio」というアプリ。
動画の編集が簡単に出来ます。便利ですね〜


「見にくい〜」とのお声も、
「え?ぜんぜん使い方わからんし。。。」とのお声も聞こえてきそうですが、
本当にマスターするには実際に触らないと難しいですから。。。(汗)



この革漉き機で漉いた革で次回から組み立てていきます。







つづく。。。











⇔1日1クリックの応援、よろしくお願いします!!
人気ブログランキング





革ノ花宗facebookページでギャラリー公開中。
良かったら いいね!を押して 色んな革製品を堪能してください



オンラインストア
pelle(ペレ)

只今、フルオーダーが半年〜1年待ちですので、
急なプレゼントなどの方は pelleにてすぐに購入できます。


革ノ花宗公式サイト

電話 / FAX:0942-55-9363
携帯:090-8915-8650
OPEN  12:00
CLOSE  18:00
定休日  日曜・祝日
オーダー受付 火曜と土曜のみ(要予約)


JUGEMテーマ:アート・デザイン

HOW TO 本仕立て ―その1

真心工房 革ノ花宗(カワノハナムネ)」は
福岡県久留米市にあるハンドメイド革工房です。
*************************************

こんにちは。じゃりです。
今日は文章多めですので、レザークラフトに興味のある方のみお読みください(笑)


先日からご紹介してますオーダー品/ピンクのカードケースクラッチバッグは、
本仕立てと呼んでいる(正式には違うかも)仕立て方で製作してます
本仕立ては通常のヌメ革の仕立てとは違ったやり方で、
市販品のほとんどがこの仕立てで作られています。

そのため、
手づくりとは思えない綺麗な仕上がりになっていると思います



ただし、機材やそれなりの技術がないとこの仕立て方は出来ません。
わたしは修行時代にこの仕立てを習得しました
数回に分けてご紹介していきますので、興味のある方は参考にされてください。


まずは見た目の違い。
左(ピンク色)がミシンによる本仕立て。
右(茶色)がいつもの手縫い仕立て。


なにが違うかというと、コバ面が違います。(この場合、糸も違いますが)
コバというのは革の切り口のこと。

手づくりというとヌメ革を使う方がほとんどですが、
当工房ではそれ以外の革、たとえばクロム革も取り扱っています。

ヌメ革はコバが磨けるので、本体の出来上がり寸法で裁断し、コバを磨いて仕上げます。
しかし、クロム革はコバが磨けない革ですので、コバの処理に困ります。
コバインクというのもありますが、当工房では本仕立てをすることが多いです。




こんな感じで本体革を大きめに裁断し、内側の革パーツを包むようにして仕立てます。




そこで重要なのが革漉きです。
こちらが革漉き機。
テーブル付きモーター付きのマシンで、レザークラフトを本格的にされる方には必須の機材です。
どうやって使うかというと、、、
言葉では難しいですね。

次回、革漉き機の動画を撮ります!


。。。つづく








⇔1日1クリックの応援、よろしくお願いします!!
人気ブログランキング





革ノ花宗Facebookページでギャラリー公開中。
いいね!を押してね
↑革ノ花宗ファンページに飛びます!様々なオーダー品をご覧ください。



オンラインストア
pelle(ペレ)

只今、フルオーダーが半年〜1年待ちですので、
急なプレゼントなどの方は pelleにてすぐに購入できます。


革ノ花宗公式サイト

電話 / FAX:0942-55-9363
携帯:090-8915-8650
OPEN  12:00
CLOSE  18:00
定休日  日曜・祝日
オーダー受付 火曜と土曜のみ(要予約)


JUGEMテーマ:アート・デザイン

コバを磨く

真心工房 革ノ花宗(カワノハナムネ)」は
福岡県久留米市にあるハンドメイド革工房です。
***************************************

こんにちは、じゃりです。


今日は
レザークラフトスタディーですよ〜。

「コバを磨く」
これはレザークラフトには欠かせない技術です。

まず、コバとは何かと言いますと、
革の切り口のことです。


これが切ったまま。


(右からヘリ落としの刃研ぎセット、革包丁、豆カンナ、
ヘリ落とし、ドレッサー、ヘリ磨き、CMCまたはトコノール)
コバを磨くのに必要な工具。
商品にするにはこのコバを処理するのですが、
その処理方法には色々あります。
ここでは革ノ花宗流のやり方ですのであくまでも一参考に。


革の質や厚みによってやり方は変えていますが、
要は革の切り口を綺麗にするのです。


まず、豆カンナやヘリ落としで革の表からと裏からと粗方の角を取り、
次にドレッサーで同じように革の表から裏から、真横からコバを整えます。
革くずが沢山落ちますので、下にゴミ箱を置いて作業することをお勧めします。


次に布でCMCまたはトコノールというコバ磨きの溶液でコバを磨きます。
(革ノ花宗ではヘチマを使っています)

そして木製のヘリ磨きでひたすら磨きます。
納得がいくまで、磨きます。
1.5メートルほどの長さの両サイドと、革によっては床面(革の裏側)も磨くので
ベルト一本仕上げるのに、3時間はかかります。


その手間をかけるとこんなにピカピカ!!


販売している状態だと気付かないかもしれませんが、
革製品を作るにあたって、このコバ処理は重要なポイントです。
ベルトに限らず、財布、鞄も同じです。

しかし、ここにあげているコバ処理はタンニン革やヌメ革と呼ばれる
革にしか出来ません。
それ以外の革、例えばクロム革の場合のコバ処理は全く別の方法です。


その方法は、また次回。。。







人気ブログランキングへ
⇔1日1回クリックご協力お願いします


ショッピングサイト
pelle(ペレ)



革ノ花宗公式サイト


革ノ花宗 on facebook


電話 / FAX:0942-55-9363
携帯:090-8915-8650
OPEN  12:00
CLOSE  18:00
定休日  日曜・祝日
オーダー受付 火曜と土曜のみ(要予約)


JUGEMテーマ:アート・デザイン

かがるとは

「真心工房 革ノ花宗」は福岡県久留米市にあるハンドメイド革工房です。
******************************************************

おはようございます。じゃりです。



さて、今日はレザークラフトスタディーですよ。

先日ご紹介の、綺麗な赤色のハラコを使ったキーリング。
こげ茶色の革紐で周りをかがっています。

この、革の端を包むように仕立てることを
「かがる」といいます。
かがり方にもいくつかありまして、
シングル、ダブル、とそれぞれ出来上がりの高級感が違ってきます。


ダブルかがり仕立てになりますと、
10センチかがるのに、60〜70センチの革紐が必要になります。

こちらのシステム手帳は
なんと、10メートルもの革紐を使いました!


いつものステッチとひと味違い、
高級感が増しますね。


レザークラフトは奥が深いです。
揃える工具も技法もたくさんあり、革の種類も豊富です。
自分がどういう風の物を作りたいかで揃える物が全然変わってきますので、
作る前のイメージが一番大切です。



でも、もっと大切なのは、

好き
かどうかです。


好きこそものの上手なれ











人気ブログランキングへ
⇔1日1回クリックお願いします

ショッピングサイト
pelle(ペレ)


革ノ花宗トップページ

革ノ花宗 on facebook

電話 / FAX:0942-55-9363
携帯:090-8915-8650
OPEN  12:00
CLOSE  18:00
定休日  日曜・祝日
オーダー受付 火曜と土曜のみ(要予約)

JUGEMテーマ:アート・デザイン

一枚もの

「真心工房 革ノ花宗」は福岡県久留米市にあるハンドメイド革工房です。
******************************************************
窓辺にいると心地よい日差しが差し込んでいます。
こんにちは。じゃりです。

心地よい日差しですが、革製品を陳列している工房の窓際を見ると、
日焼けしないかな。。。と不安になるのは私だけでしょうか。。。


ここ数年、一枚板のテーブルが人気ですが、
一枚物の革のバッグ ってお店で耳にしたことありますか。
おそらくその横に並ぶ縫い合わされたバッグ(一般的なバッグ)より高価ではないでしょうか?
それはなぜかと言いますと、
素材が天然のものだからです。
木もまた然り。

革は個体により大きさがバラバラで、キズなどもあります。
パーツが小さければ、キズを避けたり、小ぶりの革でも取れます。
しかし、一枚物はそうはいきません。
その限られた範囲の中で、繊維の方向を見極めながら、大きな一枚の型紙を配置しなければなりません。
革の中でも一番大きな革は牛革で、畳一畳分より大きい!のですが、
バッグ1個しか取れないこともあります。

それでも一枚物にこだわって作ったバッグが、当工房のコニーです。
持ち手の部分に継ぎがない分、腕に優しくフィットします。
そこに一番こだわりました。
コニー
工房にいくつかあります。
オーダー品を作るのも好きですが、
たまにはこんな自分のこだわりのバッグを作るのも良いもんですね。




人気ブログランキングへ⇔1日1回クリックお願いします

ショッピングサイト
pelle(ペレ)


革ノ花宗トップページ
電話 / FAX:0942-55-9363
携帯:090-8915-8650
OPEN  12:00
CLOSE  18:00
定休日  日曜・祝日
毎週木曜日「製作集中day」の為、オーダー受付は休みです

JUGEMテーマ:アート・デザイン



手縫いにまつわるエトセトラ

JUGEMテーマ:日記・一般
 
真心工房 革ノ花宗 アシスタントaskです。

「真心工房 革ノ花宗」は福岡県久留米市にある
ハンドメイド革工房です。
〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜


さぁ、本日の真心blog
「手縫い仕立て」について


みなさまと一緒にお勉強しましょ  





「手縫い仕立て」


手縫い仕立ては、糸を作ることから始まる。
 
シニュー糸という細い繊維が束になっている糸を好みの太さに裂いて使う。

 

一つの商品でも箇所によって太さを微調節してシニュー糸を裂き、それを撚り直して布でしごくことにより摩擦熱
でロウを糸の内部までしみ込ませる。

 この作業により、糸の毛羽立ちが減り、糸の強度も増し、革を縫い合わせるのに最適となる。









次に、菱目打ちで革に穴を開け、革手縫い用針で表が手縫い特有の風合いある縫い目になるように法則に従
い 一針一針 縫い上げていく。

機械ではあっという間にできる工程を、想いを込めて一品一品丁寧に作り上げていく。




手縫いは、手作りの温か味を伝えるとともに、長く使っていただく為の大切なこだわりである





トータルクリエーター
ますだ じゃり






フムフム  メモメモ!
完成までの道のりを知ると、商品への想いも深まりますね


askは、作業風景を見ているだけで目が回りますが・・・








<本日のおまけ>

数年前のじゃり職人の写真を発見!
今よりちょい若いですね〜

しかも旧工房での撮影だねっ!











人気ブログランキングへ ⇔クリックお願します☆







byアシスタントask
真心工房 革ノ花宗トップページはコチラから。

工房電話 / FAX:0942-55-9363
じゃり職人携帯:090-8915-8650
OPEN  12:00
CLOSE  18:00
定休日  日曜・祝日
8月は毎週木曜日「製作集中day」の為お休みです




只今製作中

JUGEMテーマ:アート・デザイン
 
真心工房 革ノ花宗 アシスタントaskです。

「真心工房 革ノ花宗」は福岡県久留米市にある
ハンドメイド革工房です。
〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜

静寂につつまれた

日曜日の工房。



じゃり職人の右手には、革包丁。
今日も職人、工房で製作中。


なんだか、「オオモノ」 が出来る雰囲気・・・




作業台に並べてある 裁断したての革。







拡大してみると・・・




ちょっといつもの革と違う感じ。


〜ここで、askのマメマメ知識〜


この革は 「ロウ引き革」と言って、

革の表面にオイルやタロウを塗った革で、大変珍しい革です。
(※タロウとは・・・牛の脂と植物の油で作ったロウの事)


革の表面の 「白いモノ」 がまさしく蜜ロウです。


使うたびに、ロウが革に馴染み、
なんともいえない風合いに変化します。


「最上級の革」とも言われている革なんですよ。




さぁ、なにが出来るのかな  

完成が楽しみです 



>

人気ブログランキングへ (←クリックしてね
オーダー頂いているAさま、大変お待たせしています。
じゃり職人、真心込めて製作していますので、
完成までもう少しお待ち下さい。
完成パーティは是非「サクラ」で! 

byアシスタントask
真心工房 革ノ花宗トップページはコチラから。

工房電話 / FAX:0942-55-9363
じゃり職人携帯:090-8915-8650
OPEN  12:00
CLOSE 18:00
定休日  日曜・祝日







12>|next>>
pagetop